So-net無料ブログ作成

空自の官製談合認定へ 家具入札 公取委、5社に課徴金(産経新聞)

 防衛省航空自衛隊が発注するオフィス家具納入の入札をめぐる談合で、公正取引委員会は4日、独占禁止法違反(不当な取引制限)にあたるとして、大手オフィス家具メーカー6社の談合を認定し、うち5社に総額約3億7千万円の課徴金納付を命令する方針を固めた。同日までに各社に事前通知した。公取委は今後、談合をしないよう排除措置命令も出す方針。

 談合では空自の物品購入などを担当する第一補給処本処(千葉県木更津市)の職員が落札社を指示した官製談合の事実も認定され、公取委は近く官製談合防止法に基づき防衛省に改善策を講じるよう求める。

 事前通知を受けたのは、イトーキ(大阪)▽内田洋行(東京)▽プラス(同)▽ライオン事務器(同)▽岡村製作所(横浜)の5社。ほかにコクヨファニチャー(大阪)も談合を認定されたが、課徴金の減免措置を受け、課徴金納付命令は受けない見込み。

 関係者によると、空自第一補給処の担当者は平成17年11月〜21年6月、オフィス家具を発注する際、事前に「この商品についてリストを作るように」と落札予定社に伝達。指示を受けた会社はライバル他社の同種製品の型番を記したリストを空自側に送り、他社はリストを作った社が落札予定社であることを認識し、談合に協力していた。各社には空自から課長級職員を中心にOBが天下っていた。

【関連記事】
海自幹部候補生 これから待つ厳しい環境
統幕学校、田母神氏の卒業席出席を一転拒否
小沢王国で何が… 岩手県発注工事の談合で業者と公取委が全面対決
「米国は逃げ足速い」 防衛政務官が県外・国外移設派を牽制
防衛力懇談会メンバー発表 座長に京阪・佐藤CEO

インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
元三菱商事社員を再逮捕 融資金名目で1億1千万詐取容疑(産経新聞)
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで−厚労省1月調査(時事通信)
普天間5月決着「覚悟を持って」と首相(読売新聞)
<年金制度改革>5月に基本原則 閣僚検討会(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。