So-net無料ブログ作成

弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審−広島高裁(時事通信)

 広島市で2005年、小学1年木下あいりちゃん=当時(7)=を殺害したとして殺人罪などに問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審で、広島高裁(竹田隆裁判長)は14日までに、弁護側請求による同被告の精神鑑定を却下する決定をした。弁護人が明らかにした。
 8日に開かれた差し戻し控訴審の第1回公判で、弁護側は精神鑑定と情状鑑定を行うよう申請したが、採否は留保されていた。今回の決定で、6月1日の次回公判で結審する見通しとなった。 

【関連ニュース】
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始
対日関係にらみ執行通告か=ギョーザ事件検挙直後
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張

将棋 羽生先勝 名人戦第1局(毎日新聞)
大量不合格の都立高定時制、300人追加募集(読売新聞)
福岡競艇場に両腕漂着!諸賀さんの遺体の一部と確認(スポーツ報知)
民主、新人議員研修を終了へ(産経新聞)
城東署一日署長の宮川花子さん、高齢者交通安全大会に参加(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。